先日11:58の記事で、13の暦に対応する直近の11月11日は青い宇宙の嵐kin39ということはすでに書きました。

それでは直近の未来は13暦11月11ではkin144なのです。

ステェファニーが144に対応するメッセージを長きに渡って書いています。
https://1320frequencyshift.wordpress.com/2014/03/06/144-days-to-star-remembrance/

その中で特に私が注目するのは日々どうやって実践していくのかということです。別に特別なことはなく日々の実践あるのみ。
そして一番最重要ですぐ出来るのは虹の橋の瞑想を毎週土曜日にするということかなーと思っています。

面白いワークを発見したのでこれもやってみようかなと。(陳腐と感じる方もおられるかもしれませんが、塗り絵して楽しめばいいでしょう。。)
Click here to download a blank wavespell template that you can fill out.
http://lawoftime.org/pdfs/Wavespell-Blank.pdf

●以下気になったところだけを抜粋しました。ご参考までに。フナブクや60とのかかわりなど、専門的な内容がもっと知りたい方はリンクを直接開けて原文を読んで下さい。

●kin144
Kin 144, Solar Moon 17 (March 23, 2014) marks the 3 year anniversary of the passing of Jose Arguelles/Valum Votan. You are invited to telepathically synchronize with us at 11:11 a.m. (Pacific Time)through the rainbow bridge meditation to send a telepathic signal of appreciation to our star family and in honor of the galactic intelligence brought forth by Valum Votan on behalf of the upliftment of all sentient beings.

(Kin144(2014年3月23日)はホゼの三回忌でした。貴方は米国の午前11時11分の虹の瞑想を通して我々の星の家族にテレパシックなシグナルを送るようにそして向上する感覚的な存在を代表する Valum Votan から誉れ高い銀河の知性がもたらされるようにテレパシックなシンクロに招待されています。)

●288 Synchronicity
Recently I went on a 26-day meditation retreat in the mountains of Colorado. Arriving at the cabin on Kin 68, I was told that on that morning 2 golden eagles appeared (sign of star Sirius—as described in The Knowledge Book). When we drove up to the gate I noticed the address on the gate: 288. This sent deep ripples through my etheric body and I felt this was a code to pay attention to.
288 (144 × 2) is the number that refers to the polar harmonic of light. In other words, it is the planetary sphere from whose poles emanate the auric rainbow light (144 North Pole/144 South Pole).

(最近私は26日間の瞑想リトリートの為にコロラド山に行きました。キャビンに到着したのはkin68でした。その日の朝に二羽の金色の鷲が現れた(シリウスのサイン・知識の書に記されている)と聞きました。私達が車でゲートに到着すると、ゲートは288と表示されていることに気付きました。このことで私のエーテル体に深いレベルでさざ波のような波紋が起こり、これは注意を向けるべき暗号だと感じたのです。288(144×2)は極の調和の光と呼ばれるものです。換言しますとこれはオーラ的な虹の光をその極から放つ惑星の球です。(144北の極。144南の極))

以下はホゼによる288の見解、(訳なし)
The harmonic of polar light—288—is the harmonic of noospheric stabilization of the Earth through supermental attunement to the synchronic order. —Valum Votan



●7-year Solar Angels: Benevolent Sirian Surveillance 1+2+3+4+5+6+7 = 28. Everything is by the power of 7.

As we saw from previous blogs, in these next seven years (2013-2020) we are opening 7 Light Gates that are guarded by 7 solar angels.
The third Solar Angel spreads its wings in the Planetary Wizard year (2015-2016) 2016 = 7 x 288! The Synchronotron Kin equivalent of 2016 is 196, Yellow Magnetic Warrior, third resurrected generation, and Bode number of Uranus. The 7th solar angel comes to Light in the Magnetic Wizard year (2019-2020),

(前のブログからみているとうり次の7年。2013年から2020年は私達は7ソーラーエンジェエルズにより守られている7つの光のゲートを開けることになります。
第三の太陽の天使は白い惑星の魔法使いの年にその翼をひろげます。(2015-2016)
2016は7×288.シンクロノトンでは2016は黄色の磁気の戦士196に等しい。第三のよみがえりの世代。またボードナンバーでは天王星です。

第七の太陽の天使の光は白い磁気の魔法近いの年(2019-2020)にもたらされます。)





●以下は訳はありませんが大事なので載せておきます。

The Sun is the Key and is the interdimensional portal and transmutation chamber for commands from the higher star councils such as Sirius.


We are currently in a 4-year process of holographic alignment: From the inception of the new galactic beam (2013) to the flowering of the beam as Universal Awareness in the Crystal Seed year. (Note: Telektonon prophecy of Pacal Votan was complete on Crystal Seed in In the First Year of Prophecy, Kin 144)
This is followed by the Red Cosmic Moon year (2018-2019), year of the Cosmic Healer, where we transcend entirely the flow of the old order catapulting Timeship Earth into an entirely new force-field as we take magic flight into the Magnetic Wizard (2019-2020).


[PR]
# by Jewellotus | 2015-11-14 07:20 | Comments(0)

今日はカナダとアメリカの青年と話す機会がありました。
二人とも若いのに意識が高いのが印象的でした。
手をさしのべる その行為の尊さを再認識した一日の始まり

2012年を経て2013年を経て今私達はどこにいてどこに向かっているのか再認識する必要があるかもしれません。

以下ステファニーサウスのブログより

Where Are We Now?(私達は今、何処にいるのか?)

It is now three years after 2012 and we are still living in a time of male patriarchy based on the Gregorian calendar established in 1582 by Pope Gregory 13. We’ve been to the moon, smashed the atom, found a quark, polluted and “conquered” Mother Earth and created more than enough nuclear weapons to wipe out civilization many times over.
(今、2012年から三年が経過して、私達は1582年にグレゴリウス十三世により制定されたグレゴリア暦に基ずく男性性の父権性、男性優位の時間の中をまだ生きている。月にも行った。原子を破壊し反粒子をみつけた。民を一掃すべき充分にあまりまる核兵器により母なる地球は何度も何度も汚染され征服されてきた。)


私的にこのことは今回の緑の城への魔術飛行でつぶさに感じました。

今、時はG暦2015年を終わろうとしている。では私達はどこに向かっているのでしょう。
これまでと今後を復習します。
(まずは2020年精神圏に向けて準備をしているといった感じでしょうか?)

TIME REVIEW (Galactic Maya)=銀河マヤの復習=
訳文はありません。ご参考までに。
1987-1992, Campaign for the New Earth (beginning with Harmonic Convergence). The Harmonic Convergence began a 26-year resonant awakening of our planet which culminated in Mt. Shasta with the New Beam accelerating the coded light body of Timeship Earth.
1992-2000, Timeshift, World 13 Calendar Change Peace Movement/Plan, followed by Seven Years of Prophecy.
2000-2004, Campaign for the New Time.
2004-2011, Seven Years of the Mystery of the Stone. Publication of 7 Volumes of Cosmic History Chronicles.
2012-2013, Closing of the Cycle/Galactic Synchronization. Entry of new Galactic Beam.
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2013

2013-2020, 7-Year Cycle of the New Solar Human—Anchoring the Vision. Launching of the Telepathic Command and Unification Program of Timeship Earth. 7 Years to Build the Rainbow and Anchor Galactic Culture on Earth. By 2015—White Planetary Wizard Year—Manifest Galactic Education Center.
2020-2033, 13-Year Cycle to Establish Noosphere of Timeship Earth. Planetary Telepathic Network in full operation. By 2033—Blue Magnetic Storm Year—Psi Bank of Noosphere fully operative. Human race functioning as single organism.
26-year fractal of the New Beam: 2013-2039

… Considering Earth as a whole system, we must now take responsibility for the thoughts we create that charge the mental field or thinking layer of the Earth with the actual causes for everything that ails us and the planet today.
Not only must we must take responsibility for our own thoughts, we must also realize the relativity of our thinking and our assumptions in relation to everybody else’s thinking and assumptions – and perhaps rethink our whole program. –Valum Votan



[PR]
# by Jewellotus | 2015-11-13 11:59 | Comments(0)
過去、磁気の月19日に投稿されたステェファニーのブログ。
812日の太陽のサイクル
https://1320frequencyshift.wordpress.com/2014/08/13/812-days-to-solar-consciousness/

058.gifこの太陽はグレートセントラルサンです。
このサイクルは彼女が考案したものではなく、生前にホゼとその母体はすでにあり、ホゼの死後も彼とコンタクトをとって青い嵐のスペクトラルとして完成したものと思われます。

Background Information: The initial 812-day program of Radiance began on Kin 69, 4 Moon, Magnetic 16, 2 Wizard Year (Aug. 10, 2007). It completed on Kin 101, 10 Dragon, Self-Existing 14, 4 Seed Year (Oct. 31, 2009). This first 812-day program was oriented toward cultivating psychophysical radiance of the subtle body as a principle quality of the noosphere.

The next 812-day program of Sirian Rebirth began on Kin 102, 11 Wind, Self-Existing 15, 4 Seed Year (November 1, 2009–Mevlana Day). For this cycle we were focused on the integration of the 441 Holomind Perceiver into conscious functioning for noogenesis through activation of the red and blue vulom force field circuits (method of synchronotron). The program would have taken us through to Resonant Moon 12, Kin 133, Red Electric Skywalker (which is the GUIDE for the Red Electric Moon, Kin 29 – the day that begins the current 812-day cycle to Solar Consciousness).

058.gifこれはサイクルにそってシンクロの気づきと共に記録をつけるもので

Those who are inspired might keep a log for each 28-day cycle and share their synchronicities in relation to the unfoldment of world events that are sure to be mind-bending.

058.gifこの期間には秘密のドアは次々解除されてスターゲートへの門が開く。沢山の意識の宝物を私達は発見するであろうというものです。

There are many, many treasures within this 812-day cycle of Solar Consciousness for YOU to discover. There are many secret doors to unlock and star gates to open.

058.gifG暦2014年のある地点から始まっていて2016年青いスペクトラルの嵐から本格的に。

Blue Spectral Storm Year (2016 – 2017)

Let’s look again at this date 4.4 (Oct. 21) in this 812-day cycle. It is the:

68th day of the 812-day cycle in the Solar Moon Year (2014). (Kin 96)

433rd day of the 812-day cycle in the Planetary Wizard Year (2015). (Kin 201)

798th day of the 812-day cycle in the Spectral Storm year (2016). (Kin 46)

058.gifでも特に青いスペクトラムの嵐の年2016年には注意をむけて欲しいと

Pay special attention to the Spectral Storm Year.

058.gifこの最初のシリアンホゥィールは2016年から2068年。最初の銀河王朝の地球船を確立する。この時間はテレパシーテクノロジーやマインドの能力の大いなる発展、発達があるであろう。
This first Sirian Wheel is from 2016 – 2068. This establishes the First Galactic Dynasty of Timeship Earth. This time will see great advancement of telepathic technologies and mind capacities

興味のある方はリンクを開けて実際のサイクルを確認してください。そしてこの期間記録をつけて沢山のギフトを受け取って下さい。
あっ それと今年は毎月19日が〆のサイクルということは特筆すべきでしょう。(来年はまた変わります)



[PR]
# by Jewellotus | 2015-11-12 07:58 | Comments(0)
おととい、G暦2015/11/9に
駅のプラットフォームに上り詰めた時、時刻は13時をとうにまわっていました。
電車の発車時刻の電光掲示板は11時56分をさしたまま動かず、その下の ”まもなく電車が来ます” の赤いサインはずっと点滅したままです。

壊れていたのです。

瞬間 11
11+11(5+6)=22
11+22=33
11+56=67=13(6+7)
みたいのがとっさに浮かびました。ここまでは普通の反応。

***************************************************************

夕方用事を終えて家路につくともう一度この意味を考えてみました。

11月11日に関係しているのはすぐわかりました。
(直近の13暦の11/11は なんと!!!なんと!!!!!


青い宇宙の嵐Kin39!!!


11:56

ではなぜ56なのか。29だって38だって47だっていいではないか。。
素直に最初から11:11でないのは何故なの?

直近のキン56の日は昨年のスペクトラルの月28日≪黄色い自己存在の戦士56)、そのサイ時間はkin153でした。以下222と153のゲマトリア一覧表です。

ゲマトリア
http://blog.trinity-in.com/article/246415009.html

***************************************************************
同日G暦2015・11/9にブログでアップしていた天下泰平さんブログ。
以下抜粋
>>
11月に入ってから、今まで各地を訪れて必ず関わってきていた女神が一気にシンクロする流れとなっており、いよいよ本格的に今まで封印されていた何か古(いにしえ)のエネルギーのようなものが解放されている感覚があります。

同時に人間社会においても、男女問わず、個々の持っている女性性エネルギーの解放が始まり、男性性エネルギーとの融合による中庸のスタンスが徐々に築かれていっているように思えます。


063.gifしかし恐るべし青い宇宙の嵐キン39
形を変えて様々にメッセージを送ってくる。




[PR]
# by Jewellotus | 2015-11-11 09:42 | Comments(0)
大変お世話になっていた英語講師デビッド青い宇宙の嵐kin39の突然の異動通知に動揺していたのか。。。。

1月30日から31日にかけてある夢を見ました。

教室の中でスピリチュアルレッスンが行われています。
教室は普通の学校の教室で講師は香咲弥須子さんのようでした。
隣の男子が話しかけてきます。多分私はその方を知っている。そして次にその生徒の後部座席の男子と話しをします。顔はマスクがかてって判別できません。そして机から何かが落っこちます。とっさに私がキャッチすると腕の中には聖母マリアの銅像が。。ふと前に目をやると先程の男子はもういなく、机の上にはマリア像があるのですが、後ろに傾いています。根元が折れているからです。それでは私のマリア像はどこ?とみると無いのです。私の前部座席の眼鏡の女性生徒に尋ねると、私が預かっておいたっと言って私のマリア像を渡してくれました。大きなマリア像でした。

この時は30日なのか、31日に見た夢かはわからなかったけれど、直観的に31日という感じがしていました。

そしてその夢がきっかけとなりG暦2月2日には実際教会に足を運ぶことになります。http://cathedral-sekiguchi.jp/cathedral/lourdes/
これも特に理由はなくただただ二日に行く流れとなっただけのことなのです。

そしてこれが思いもかけずシンクロに発展していくことになります。

G暦2月2日に普段は日本人しかいないこの大きな教会はフィリピン人で埋め尽くされていました。(教会始まって以来とスタッフがおっしゃていました)

★マニラから司祭が来日していたからでした。http://www.jescom.ph/2015/02/cardinal-tagle-visits-japan/

★高山右近の記念祭ということで来日していました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B1%B1%E5%8F%B3%E8%BF%91
カトリックでは功績が認められた人は死後何年かたつと聖人に昇格することがたびたびあるようです。

★司祭は三日間しか日本にいなくて2月2日のたった一日しか東京にはいなかったのです。そのたまたまたった一日の2月2日に私は何の考えもなくそこに出向いたのです・

★夢を見た日がG暦2015/1/31 白い電気の鏡kin198
高山右近の死没日はG暦1615/2/5 この日の神秘キンが白い鏡kin198

高山右近はキリスト教弾圧のあった時代に信仰のために財産も地位も捨てて信仰を選んだ為にフィリピンに流刑になった方です。

この教会では献金した人はおみくじがひけます。その日私のひいたおみくじは42-2でした。
聖書詩編42-2です。42:2 私のたましいは、神を、生ける神を求めて渇いています。いつ、私は行って、神の御前に出ましょうか。

神はいつも顕現されていてサインを出しておられる。それを読み取るかどうかは私達の自由意志に委ねられているのです。




[PR]
# by Jewellotus | 2015-11-08 09:36 | Comments(0)

13の暦に関する日々の気付きと記録。白い惑星の鏡kin218/白い水晶の魔法使い1kin194に由来します。(因みに私は白い魔法使い)


by Jewellotus