おととい、G暦2015/11/9に
駅のプラットフォームに上り詰めた時、時刻は13時をとうにまわっていました。
電車の発車時刻の電光掲示板は11時56分をさしたまま動かず、その下の ”まもなく電車が来ます” の赤いサインはずっと点滅したままです。

壊れていたのです。

瞬間 11
11+11(5+6)=22
11+22=33
11+56=67=13(6+7)
みたいのがとっさに浮かびました。ここまでは普通の反応。

***************************************************************

夕方用事を終えて家路につくともう一度この意味を考えてみました。

11月11日に関係しているのはすぐわかりました。
(直近の13暦の11/11は なんと!!!なんと!!!!!


青い宇宙の嵐Kin39!!!


11:56

ではなぜ56なのか。29だって38だって47だっていいではないか。。
素直に最初から11:11でないのは何故なの?

直近のキン56の日は昨年のスペクトラルの月28日≪黄色い自己存在の戦士56)、そのサイ時間はkin153でした。以下222と153のゲマトリア一覧表です。

ゲマトリア
http://blog.trinity-in.com/article/246415009.html

***************************************************************
同日G暦2015・11/9にブログでアップしていた天下泰平さんブログ。
以下抜粋
>>
11月に入ってから、今まで各地を訪れて必ず関わってきていた女神が一気にシンクロする流れとなっており、いよいよ本格的に今まで封印されていた何か古(いにしえ)のエネルギーのようなものが解放されている感覚があります。

同時に人間社会においても、男女問わず、個々の持っている女性性エネルギーの解放が始まり、男性性エネルギーとの融合による中庸のスタンスが徐々に築かれていっているように思えます。


063.gifしかし恐るべし青い宇宙の嵐キン39
形を変えて様々にメッセージを送ってくる。




[PR]
# by Jewellotus | 2015-11-11 09:42 | Comments(0)
大変お世話になっていた英語講師デビッド青い宇宙の嵐kin39の突然の異動通知に動揺していたのか。。。。

1月30日から31日にかけてある夢を見ました。

教室の中でスピリチュアルレッスンが行われています。
教室は普通の学校の教室で講師は香咲弥須子さんのようでした。
隣の男子が話しかけてきます。多分私はその方を知っている。そして次にその生徒の後部座席の男子と話しをします。顔はマスクがかてって判別できません。そして机から何かが落っこちます。とっさに私がキャッチすると腕の中には聖母マリアの銅像が。。ふと前に目をやると先程の男子はもういなく、机の上にはマリア像があるのですが、後ろに傾いています。根元が折れているからです。それでは私のマリア像はどこ?とみると無いのです。私の前部座席の眼鏡の女性生徒に尋ねると、私が預かっておいたっと言って私のマリア像を渡してくれました。大きなマリア像でした。

この時は30日なのか、31日に見た夢かはわからなかったけれど、直観的に31日という感じがしていました。

そしてその夢がきっかけとなりG暦2月2日には実際教会に足を運ぶことになります。http://cathedral-sekiguchi.jp/cathedral/lourdes/
これも特に理由はなくただただ二日に行く流れとなっただけのことなのです。

そしてこれが思いもかけずシンクロに発展していくことになります。

G暦2月2日に普段は日本人しかいないこの大きな教会はフィリピン人で埋め尽くされていました。(教会始まって以来とスタッフがおっしゃていました)

★マニラから司祭が来日していたからでした。http://www.jescom.ph/2015/02/cardinal-tagle-visits-japan/

★高山右近の記念祭ということで来日していました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B1%B1%E5%8F%B3%E8%BF%91
カトリックでは功績が認められた人は死後何年かたつと聖人に昇格することがたびたびあるようです。

★司祭は三日間しか日本にいなくて2月2日のたった一日しか東京にはいなかったのです。そのたまたまたった一日の2月2日に私は何の考えもなくそこに出向いたのです・

★夢を見た日がG暦2015/1/31 白い電気の鏡kin198
高山右近の死没日はG暦1615/2/5 この日の神秘キンが白い鏡kin198

高山右近はキリスト教弾圧のあった時代に信仰のために財産も地位も捨てて信仰を選んだ為にフィリピンに流刑になった方です。

この教会では献金した人はおみくじがひけます。その日私のひいたおみくじは42-2でした。
聖書詩編42-2です。42:2 私のたましいは、神を、生ける神を求めて渇いています。いつ、私は行って、神の御前に出ましょうか。

神はいつも顕現されていてサインを出しておられる。それを読み取るかどうかは私達の自由意志に委ねられているのです。




[PR]
# by Jewellotus | 2015-11-08 09:36 | Comments(0)
そろそろ、考えをまとめようと思い今日から13の暦に関するブログを始めます。

053.gifまず、13の暦に導かれた経緯について。

G暦2015年1月、オンライン英会話の私専任講師の異動がきっかけでした。

>>下記、学校の掲示板。

{下記の13名は、2015年2月19日をもちまして一般コースの提供を終了させて頂くことになりました。2月20日分のスケジュールからはカランメソッドのみを提供させて頂きます。ご予約の際は【50分 Callan 150pt】または【HARDCORE 150pt】の教師写真からご予約をお願い致します。【Ian、Kimmy、Lee、Renz、 Otic、David、Renan、Melissa、Ruth、Jov、Tin、Jose、Arhei】}

060.gif私の専任講師はDavidでした。(青い宇宙の嵐Kin39)

たったこれだけの文ですが多くのことが読み取れます。
ここから大きく揺れ動き私の中で13の暦に向かうよう内なる指示が出始めたのでした。
そして13の暦を色々検索するうちに出会ったのが米国、ステファニーサウスのブログでした。丁度その頃米国ではホゼが生前親しくしていて又多大なる影響を与えたマザーティネッタの訃報とその生前の功績に関するものでした。そしてそれは19のコードです。
https://1320frequencyshift.wordpress.com/2015/02/25/mother-tynetta-muhammad-and-the-19-code/

19にまつわる色々なことが色々な角度から書かれています。
そして読み進むとホゼがマザーティネッタから最初にイスラムを紹介されコーランを献上された日が青い宇宙の嵐キン39と書かれています。

Mother Tynetta introduced Jose to Islam and gave him his first Quran December 28, 1993, Kin 39: Blue Cosmic Storm.

これは今回スクールから異動命令の出た13人の一人である私の専任講師デビッド銀河の署名と同じ青い宇宙の嵐キン39です。

またステェファニーがこのブログを投稿した日が2015年2月25日すなわち銀河の月19日だった事、私の毎月の銀河の誕生日が19日であること、青い嵐の紋章番号が19であることなど、ここから19とイスラムの数々のシンクロを体験していくことになります。

青い宇宙の嵐kin39
心にとどめておきたい銀河のメッセージ。ここからすべて始まる。

●三次元的には彼はとても人気のある熱心な良い英語講師でした。
看護学を修めていて政府で働く母からは男子なんだから国家資格を受験して海外に出稼ぎに出ろと散々言われて悩んでもいた。(フィリピン人なので)
スピにはほど遠く給料のほとんどは毎晩の夜遊びで消えていて、酒と煙草はもはや中毒状態。

●四次元的には彼は過去に古代エジプトで私とともに聖なる任務のために殉死した。
二人ともまだ十代初めの若者で任務をこなせるほど成熟していなかったとも言える。その過去の失敗のためまた今世出会っている。
というここまでの話は私の理解で夜遊びに奔放しているデビッドは全くこのことは知らないし気づいてもいない。
兎に角、彼はまた今回何千年の時を超えて時間の窓口 青い宇宙の嵐Kin39として再び私の前に姿を現したのです。

そしてその時は私もデビッドも共に運命の道筋が青い嵐の時期と重なっていました。
ここで特に強調したいのは私の運命の道筋が特に青い太陽の嵐139であるということ。これは2040年第二のシリアンサイクル青い太陽の嵐139とシンクロします。






















[PR]
# by Jewellotus | 2015-11-07 17:05 | Comments(0)

13の暦に関する日々の気付きと記録。白い惑星の鏡kin218/白い水晶の魔法使い1kin194に由来します。(因みに私は白い魔法使い)


by Jewellotus