<   2016年 10月 ( 52 )   > この月の画像一覧

K53の覚え書き その2

資料

NS.1.29.4.11 Kin 53
Red Magnetic Skywalker
13-days Wavespell of Prophecy

kin 53 is also known as "1 Reed", Sign of Quetzalcoatl

"Quetzalcoatl was a prophet of ancient Mexico who renewed civilization with his advanced knowledge of mathematics, arts, astronomy and creation of a sacred calendar, that was later used by the Maya."
“The prophecy of Quetzalcoatl’s return is universal, for it is the deliverance from the present hell.”
https://1320frequencyshift.wordpress.com/…/quetzalcoatl-an…/

Day out of Time 2007 was kin 53
Frequency of Sirian Rebirth
https://www.lawoftime.org/pdfs/Rinri-III-3.4.pdf

"During these 13 days we are bringing back into focus of our expanding consciousness the powerful energies of Quetzalcoatl (KIN 53), the Harmonic Convergence of 1987 (KIN 55&56) and Pacal Votan (KIN 58 -Death & KIN 60-Birth). So this is probably the best “season” to follow the Skywalker energy inviting us on a time-travel adventure to “explore” time as 4D space!"
Signs of a Living Prophecy
1Reed Ce Ácatl Topiltzin Quetzalcóatl (Historical)
[Lord of the Dawn ]
Prophecy of Quetzalcoatl • 13 Heavens and 9 Hells
http://galacticspacebook.com/…/quetzalcoatl-bites-his-her-t…

"The 7:7::7:7 practice is a function of the excitation of plasma to which our solar system (heliocosm or heliosphere) has been subjected since the stellar excitation arousal of Supernova 1987A, “Quetzalcoatl.”
http://galacticspacebook.com/…/welcome-back-supernova-quetz…
#SuperNova1987A

"The mystery was that of Quetzalcoatl the Plumed or Feathered Serpent, called by the Maya KukulKan, "Place Where the Serpent Dwells."
" Quetzalcoatl was strongly associated with the morning and evening star, the planet Venus. Astronomical celestial associations as much as his role as a religious figure of the stature of a Moses or a Christ, brought Quetzalcoatl into prophetic prominence."
https://www.facebook.com/GalacticSynchronization/photos/…

http://www.lawoftime.org/…/Quetzalcoatls-20-powers-of-13.pd…

#Quetzalcoatl

Galactic Synchronizationさんの写真


[PR]
by Jewellotus | 2016-10-30 09:31 | Comments(0)

K53の覚書

2001年4月15日は11風102

K53
Red Magnetic Skywalker
I unify in order to explore
Attracting wakefullness
I seal the output of space
With the Magnetic tone of purpose
I am guided by my own power doubled

Red Magnetic Skywalker, Kin 53—Sirian Rebirth of Quetzalcoatl

„Day Out of Time 2007. Red Magnetic Skywalker, Kin 53. One perfect Heptad of Sirius Beta complete, seven perfect castles of 52 days each, 52 perfect weeks of 7 days each—364 days in all.
Then comes the 365th day, the Day Out of Time. 52 (weeks)+1 = 53, the number of the frequency of Sirian rebirth. That is, 52, the frequency number of one cycle of Sirius, plus 1 day gives birth to the new, hence 53, the frequency of Sirian rebirth. Every Day Out of Time, being the 365th day of the year, is the 52 (weeks) + 1 = 53 frequency of the Sirian rebirth, thus giving a further special significance to this annual Thirteen Moon festival day.
In this case, the 52 +1 = 53, the Day Out of Time, no day of the week or moon at all, also happens to be Kin 53, the galactic signature of the great prophet Quetzalcoatl, Ce Acatl Topiltzin (Our Lord
One Reed). This is also the first day of the White Northern Castle of Crossing, the beginning of the eighth castle since last 13-Moon New Years day, Kin 209, first day of the Green Central Castle of
Enchantment.
In vigesimal code, 53 is written 2.13 (2 x 20 + 3). You will note, that 2.13 is numerologically the same as decimal code 213 = Kin 213 Overtone Skywalker, the Day Out of Time exactly four years hence.
As we mentioned in the last Rinri Newsletter 213 is the Kin equivalent frequency of 2553, code number of the “Return of Quetzalcoatl” {2553 – 2340(9 x 260) = 213). (In vigesimal code, 213 is written 10.13).
This means that this year’s Day Out of Time marks the commencement of a four-year cycle, 2007-2011. Not only are these last four years of the Mystery of the Stone soul journey through Middle Time, but they also commemorate the Sirian Rebirth and Return of Quetzalcoatl.
Let us examine what this means. First of all, note that it has been 20 years since the explosion of the supernova 1987A
(Quetzalcoatl). This supernova was the means by which the higher-dimensional councils of universal unification “announced” the completion of the prophecy of Thirteen Heavens and Nine Hells, commemorated on August 16 and 17, 1987, by the Harmonic Convergence. This event officially began what is referred to as the Quetzalcoatl Project, a vast organized undertaking of the galactic masters’system of mind transmission, the GM 108X. (See 20 Tablets of the Law of Time).
The Quetzalcoatl Project initially produced: the discovery of the Law of Time, inclusive of the 12:60 and 13:20 timing frequencies; the synchronic fourth-dimensional new time dispensation of the Dreamspell; the galactic interplanetary, fourth-dimensional mapping of time and consciousness, the Telektonon prophecy; and the Rinri Project.Ten years after it first exploded, a further burst of energy of the Supernova in 1997 resulted in the 20 Tablets of the Law of Time, the Revelation of the Sixteen year Cube of the Law; the 7:7::7:7; the Mystery of the Stone; and the Cosmic History Chronicles. All of these detailed teachings of the synchronic order and the Law of Time—the Quetzalcoatl Project—are functions of a time released mind transmission beam emanated by the Supernova 1987A, the cosmic trigger of the Harmonic Convergence. For that event 144,000 rainbow sun dancers answered the call and were able to synchronize the psychic field or noosphere of the Earth with the 5200-tun/5125-year galactic synchronization beam responsible for the wave harmonic of history.
It was the re-attunement to the galactic synchronization beam that fully activated the GM 108X mind transmission stream, already
focused though the messenger of the Harmonic Convergence“ Jose Arguelles/Valum Votan

https://www.lawoftime.org/pdfs/Rinri-III-3.4.pdf

"What day of the Sacred Round was April 6, 1 BC? The almost universally accepted correlation of the Mayan Calendar, which includes the Sacred Round, affirms that April 6, 1 BC (Birth date Lord Jesus Christ), was indeed 1 Reed (1 Ben = 1 Skywalker/K53). That fact has been pointed out by others, who have also accepted it as evidence that the Feathered Serpent was Jesus Christ." John Pratt
In his two articles "A Native American Easter and Venus Resurrects this Easter Sunday" Mormon John. Pratt talks also about Easter Sunday 15. April 2001, which was LCP K53, traditional LC K52 and DS K102.

http://www.johnpratt.com/…/docs/lds/mer…/2001/na_easter.html
and
http://www.johnpratt.com/…/docs/lds/meridian/2001/venus.html

He proofed that this day was very, very special, because it is not only the symbolic resurrection of Christ but also a very rare Venus rising is occurring, and in the Sacred Count, which is nothing but the Aztec version of Maya symbols 1 Reed is the Aztec writing what 1 Ben or 1 Skywalker and Kin 53 is in the Dreamspell-Maya.
Therefore John Pratt viewed April 15 2001 as very very important and rare and used not only the Sacred Calendar Count of the Mayas/Aztecs, but also the Jewish Calendar, the Venus Count 585, and the Mercury Spin 117 Days.
Synchronistically the signing of the Banner of Peace happened on April 15 1935 exactly 66 years before „A native American Easter“ https://en.wikipedia.org/wiki/Banner_of_Peace


[PR]
by Jewellotus | 2016-10-30 07:44 | Comments(0)

シモシュの知恵

自己存在の月  2魔法使い54


おさらいしますと、例えば55はオーラソーマではキリストのボトルです。
それは数字の一側面を表すので間違いではありません。
でも
55がHCの数字で広島と関係があるという意識なしに55を理解するというのはかなり無理があるのです。

13の月の暦の理解がまずあってそれから色々なナンバーを見るのは別に構いません。

31日に待望のアプリがIOSから発信になります。
アンドロイドはすでに発信済みですがようやくアップルでも可能になります。
またお知らせします。

29,30日・ドリームスペル展
https://www.facebook.com/events/1167200099992277/1194391290606491/?notif_t=admin_plan_mall_activity&notif_id=1477530674809749

智慧の樹は13次元宇宙の鋳型だ。イブが樹の頭頂から降りてきて味わったリンゴの知識はシモシュと言われる知識である。

~アルクトゥールスプロープ P112


[PR]
by Jewellotus | 2016-10-29 09:23 | Comments(0)

何というか

今日の集まりの中で、私の13の月の暦を習いにきた方がきてました。

手帳で回りの人のガイドキンを出したりして、私が教えたテレクトノンが一瞬役に立っているかのように思ったのですが。。。

やっぱその後がもともとのマヤ暦の影響が大きすぎるというか。。潜在意識とか言い始めたのでそれって違うよ、、と思わず言ってしまいました。

こういう話は巷でよく聞く話で。。

世の中に、ホゼが提唱したとうりに使っている人が一体何人いるのだろうか。。

数字というのはよくよく、習いに来ている人達には言っているのですが、それは13の月の暦にある数字にあてはめないと何の意味もありません。

13の月の暦はそんなに難しいものではないけれど銀河の応答を待たずに自分勝手にやる人がなんと多いことか。
それは一重に12:60のビームという単語で即座にかたずく。

13:20に向かうのには普通には抵抗が強すぎるのだろうか?
きっとそうなのだろう。
だから難しいとかわからないになってしまうのだと思う。

わかりたくないのだ。。























[PR]
by Jewellotus | 2016-10-28 21:59 | Comments(0)
自己存在の月11日   1空歩く者53



このようにして貴方方は自らドリームスペルの門を開いた・
しかしドリームスペルとは何だろうか
そう
それは貴方方も知ってのとうり次のオクターブへと向かう愛の方法であり、そこへ向かって愛を喚起させる方法だ。
同時にドリームスペルは高度の魔術の体系であり、惑星制御管理者とカルマを同等化する者たちの魔術でもあるのだ。
~アルクトゥールスプロープ P84

ドリームスペルの配布がもうじき終了します。


難しかった銀河の羅針盤はワイアーさんの教本を入手したことで見事に解決。
ドリームスペルキット全部、今はほぼマスターしていると思う。
ワイアーさんにはいくらお礼を言っても足りない位です。

またこのドリームスペル配布に伴い尽力下さったクリカさんコウゾウさん、吉田さんにも改めて厚く御礼申し上げます。

058.gifドリームスペル展 明日から開催です。

10月29日 13:00 ~ 10月30日 17:00


  • 渋谷 ギャラリー大和田












[PR]
by Jewellotus | 2016-10-28 15:34 | Comments(0)
去年の今日、神秘キン209の日は時間の法則団による大イベントがスタートした日だった。
http://code19.exblog.jp/22875171

超シンクロが次々起こったのは過去のブログに書いたとうり。
http://code19.exblog.jp/22872067


今日は1年ぶりに復帰したドニー講師と話をした。

彼はK192。彼がよりによって今日復帰した意味を考えてみた。

http://code19.exblog.jp/23421220

時間の法則団の今日のシェア。
How to save the world
https://www.facebook.com/galacticsynchronization


















[PR]
by Jewellotus | 2016-10-27 22:06 | Comments(0)

信頼

自己存在の月10日    13人52





今日はかなり特別な日ですね。
いつも私はあんまり数字の意味などをここに書いていないことが多いのですが。

訪問してくださっている方がいるということは理解されている方がかなりいることだと実感しています。

昨日書いたこととか、今日が特別な日だと知っていないと銀河のサインに気づきにくかもしれません。

でもあんまり執着すると見えなくなります。

今日で太陽のウェーブスペルは終わります。
この時期に非公開グループやオンラインの13の月の暦のレッスンなどが出来て、このウェーブスペルはみんな特別に思っていたようですね。

私が感じているのは私達は3次元に生きているということです。
3次元にいて4次元も同時に体験しているということです。

3次元で大切なことは相手の立場にどれだけなれるかということではないでしょうか?
私達がお互いの信頼をなくすことなど本当にたやすいからです。


















[PR]
by Jewellotus | 2016-10-27 10:09 | Comments(0)

クアック・ドクター

自己存在の月9日     12猿51




フィリピンはバリ同様、呪術的な国でクアック・ドクターというヒーラーが隠れて?存在している。
フィリピン人は大抵知っているがたまに知らない人もいる。

何人かの講師は実際難病をクァック・ドクターに治してもらったという体験を聞いた。
医者に見放された人達がクァック・ドクターによって癒される。(ただ偽物もいるらしい)

大抵は近所の人だったり紹介でクァック・ドクターに治療してもらっているらしいが昨日は祖父が実際クァック・ドクターだったという講師と話をする機会があった。

講師によると祖父はLibretaという小さなラテン語で書かれた本を持っていたという。聖書か?と聞くとそうだと言っていた。

講師は1982年7月7日生まれK10

ガイドキンK218
反対キンK140
神秘キンK251
類似キンK49

昨日は11犬50の日で、その日にこの時間と出会うことは。。。
上記の数字はあまりにも明確で(しかしそれぞれのKの意味するところがわかってない人には何のことだがさっぱりわからないだろう)

漠然とカレンダーとともにいると何がなんだかさっぱりわからないのが13の暦だと思う。

因みにアルクツゥールス・プローブP299にはこうある。
自己を再発見した時間旅行者は最終的に物質的な力と対局にある力がスペクトルであることを理解した。









[PR]
by Jewellotus | 2016-10-26 07:38 | Comments(0)

太陽の紋章と音

自己存在の月8日  11犬50




デビッドにしばしの別れを告げ、去年の学校に戻った。

大体この世はタイム・イズ・マネーなんだけれど、この学校はそれが試されているような学校です。
それでもまあ、昔ながらのエリック講師とはしょっちゅう話ます。

最近やってなかったけれど、改めて講師の紋章コードを見てみるとこの講師はK219なんですね。=盗まれた時間
人生でかなり苦労してきたけれど人の痛みを知っているかもしれない。
人生のゴールは博士課程をとって持ち家をもつことらしい。
まだ若いから。。。。

気のあう新人講師としてはバン講師。
なんと彼はK39。=タイム・シフト

デビッドと同じ紋章キン。

そして一番はK133のカース。
彼とは昔絶対会っていたと思う。
133
http://code19.exblog.jp/22875171/

本当に気の合う人は距離があっても気持ちがすぐに通う。。
ちょっと調べてみたら彼らの紋章は以外に以外で面白いと思った。









[PR]
by Jewellotus | 2016-10-25 07:18 | Comments(0)

追記 フナブク21

今朝はまたこんな素敵なリンクを発見!!

お会いしたことがないが、毎日地道にその日の重要ポイントをアップされている謙虚な方です。

そして
http://waiar.dreamlog.jp/archives/52404092.html

有難う御座います。














[PR]
by Jewellotus | 2016-10-24 09:48 | Comments(0)

13の暦に関する日々の気付きと記録。白い惑星の鏡kin218/白い水晶の魔法使い1kin194に由来します。(因みに私は白い魔法使い)


by Jewellotus