<   2016年 07月 ( 68 )   > この月の画像一覧

大化の改新 world changer

今夜も捨てるものととっとくもの、の仕分けをしておりました。
カバラと神道の繋がりを外国人講師がDVDで講義しているのを見ておりました。。

その中で待てよ!!っと思ったことがいくつか。。
ユダヤと日本の共通点や類似点は本も出てますしご存知の方も多いでしょう。

講師がユダヤの新年が7月1日で大化の改新7月1日で同じと言ったのです。

大化の改新 645年7月1日=K19=嵐=World Changer

ユダヤの新年は毎年変わる。今年は10月3日=K28
                10月4日=K29

079.gifこれですぐに閃いたのが812日間サイクル!!

このサイクルはかつて存在した144サイクルの144日目が8月23日K28であったことから起源しています。
28の次の日は29
28×29=812

このサイクルの完了するのは今年のKin 60, Yellow Galactic Sun, of 11 Storm year (Self-Existing 18/November 4, 2016).11月4日K60となります。

60+29=89 VVの銀河の旅立ち

60-29=31 VVの最後の誕生日

このサイクルを発見した年の8-12つまり8月12日が26、PVのクリアサインであることも大きな驚きであった。

またSelf-Existing 5 (Oct. 22, 2010). 13・月の年のVVが
the Galactic Spiral Density Wave (Kin 197). をうけとったのは89日目であったこと。
The key to these cycles was telepathic element 113, sign of Quetzalcoatl, Lord of the Dawn
これはテレパシーのエレメント113、ケツアコアトゥルの鍵となるもの。

28 x 29 = 812

116 x 7 = 812

812 reversed is 218, signature of the opening of the tomb of Pacal Votan.

Kin 218 is Day Out of Time July 25, 2016.

In vigesimal 812 is written 2.0.12.

8 + 1 + 2 = 11

まだ沢山ありますけれどとりあえずこれだけ書かせて頂きました。

因みに今年の7月1日は194でした、

今年も812日間サイクル
以下のとうり

26. Twenty-sixth 28-day Cycle. Days 701 – 728. Kin 209, 1 Moon, Cosmic 20 (Jul. 16, 2016) – Kin 236, 2 Warrior, Magnetic 18 (Aug. 12, 2016). 10 Wizard & 11 Storm Years, 728 days complete.

27. Twenty-seventh 28-day Cycle. Days 729 – 756. Kin 237, 3 Earth, Magnetic 19 (Aug. 13, 2016) – Kin 4, 4 Seed, Lunar 18 (Sept. 9, 2016). 11 Storm Year, 756 days complete.

28. Twenty-eighth 28-day Cycle. Days 757 – 784. Kin 5, 5 Serpent, Lunar 19 (Sept. 10, 2016) – Kin 32, 6 Human, Electric 18 (Oct. 7, 2016). 11 Storm Year, 784 days complete.

29. Twenty-ninth 28-day Cycle. Days 785 – 812. Kin 33, Electric 19, 7 Skywalker (Oct. 8, 2016) – Kin 60, 8 Sun, Self-Existing 18 (Nov. 4, 2016). 11 Storm Year, 812 days complete. Solar Consciousness attained






[PR]
by Jewellotus | 2016-07-31 22:20 | Comments(0)

バイ ロケーション

こないだの208あたりに小林美元先生の資料も出てきて、これからPDFにスキャンする予定です。

さっき不思議な絵で絵に力がある。銀座のギャラリーに見にきませんか?というメールをもらって思い出したのでした。

故・小林先生は奈良の方で月に一回、東京で講義をもたれていました。
御呼びしていたのは、書道家で神代文字を指導されている方でした。
神代文字も相当なパワーがあって色々な現象が起きておりました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E4%BB%A3%E6%96%87%E5%AD%97
それは個展の時に特に顕著でした。

そういうわけで、月に一回、私はその書道家の家に小林美元先生の古神道の講義のために通っていました。(書道はしませんでした)
講義のあとは弥栄です。笑

小林先生との思い出も沢山ありますが、この書道家の方もかなりの方で、この方のお話や体験もかなりのインパクトがありました。

この書道家には師がおりました。
すでに他界しておりましたが、バイロケーションや自分が旅立つ時までわかているような凄い方だったようです。
超人ですね。
ちょっとこの師について考察してみたくなりました。
















[PR]
by Jewellotus | 2016-07-31 16:07 | Comments(0)

テレクトノンの窓辺

磁気の月5日    3種224




お待たせしました。笑

テレクトノンの窓辺。 053.gif遊びに来てください。



[PR]
by Jewellotus | 2016-07-31 14:54 | Comments(0)

惑星奉仕

新年は眠くて眠くて昼から転げ落ちるように爆睡しました。
その夜はさいとうひとりさんのCD(友達からもらった)を再聴していた。
整理していて捨てる前に聞いてからいらないものは捨てるようにしている。

次の日の夜は芝健太さんのDVDを見ていた。これも再見。
流石、このDVDもよかった。

二人とも長者番付の方々。。

芝さんのセミナーは35万(10日間)で毎回40~50人の生徒が参加する。
そこからマインドマップ式に神田さんや苫米地英人さんなんかが繋がってきた。
この方達もセミナーは1日で10万はする。
(価値のあるものもあります)
そして挙句の果てにはアンソニーロビンスまで出てきてしまった。
彼は年商30億。
1000万の年会費の会員になると彼のセミナーにでほうだいというメニューで有名な方。
でセミナーの写真をみたら武道館並だった。凄い人。
1000万???年会費?
でも熱狂的なファンがいるわけでおかっけしているのです。

人間とは何だろう?

そんな折、新年の挨拶でWiarさんが惑星奉仕でという言葉をだしてくれたことは助かった。

白いウェーブスペルで210が出てきたのも偶然ではない。
ウク暦は神々の儀式や祭礼に使う大事なもの。

神聖暦も読んで字のごとく神聖なのだと私は思う。
惑星奉仕。
なんだか懐かしい言葉な気がしてうれしい。

Time is Money.
この強烈な催眠状態。






















[PR]
by Jewellotus | 2016-07-30 16:16 | Comments(0)
磁気の月5日      2夜223



昨日はFBリクエストにより210に繋がり、バリ独自の暦へと発展していきました。
世界には多分色々な暦がある。

そして色々な暦に13の月の暦は間接的につながっているということですね。

去年は114で19と関係があった年でそれは色々ありました。
そして今年も嵐ということで19と関係があるのできっと色々あるでしょうね。

現在、私達のいる場所。
2006年から始まっているウェーブスペルと運命の道筋にいるのですね。
これは個人ではなく私達全体の集合的なものと関係しているウェーブスペルです。
これは面白い。
2008年、2012年は世界的にビッグなことが起きている年です。

個人的にもぴったりあてはまります。2006年は私の人生でも始動の年でした。
皆さんはいかがですか?
パルサーでみても結構納得がいきます。

そして今は創始の赤い月のウェーブスペルが終わりに近ずきつつあって2019年7月25日まで続くということですね。
http://13xproductions.com/wind-wave-the-art-of-communication/
2019年7月26日から魔法使いのウェーブスペルが始まる。
写真を撮ったら何か虹みたいのが写ってます。現物だとこれが2013年から発せられている。笑





[PR]
by Jewellotus | 2016-07-30 10:06 | Comments(0)

ウク暦

FBリクエストにより、今日は210という数字が飛び込んできたのでそれについて考察してみました。

441ディクショナリーによると210は

210 30th order of 7, 7 x 30, 42 x 5, 6 x 35, 21 x 10 vigesimal 10.10, number days in Wuku Balinese ritual synchronization calendar, triangular of 20


なんと、13の月の暦はバリのカレンダーまでつながっているんですねぇ。
http://informationcenter-apa.com/kb_wuku.html

バリには、世界共通の西暦のほかに、昔から伝わる独自の暦を持っており、それは宗教儀礼や日々の供物を捧げる時の大切な目安となっている。まず、その独自の暦には2種類あり、ひとつをウク歴、もうひとつをサコ歴(Saka)と呼んでいる。
もっともバリの人々の暮らしに密接なのが、ジャワ・バリ暦と言われるウク暦だ(Wuku=バウコン暦とも言われる)。ニュピ(Nyepi)以外の主要な宗教的行事は、ほとんどこのウク暦の基づいている。

ウク暦は、7日を単位とする30の週(ウク)によって成り立っている。7日×30週=210日。これがウク暦の1年です。

だから210だというわけですね。

大晦日?
私見ではサラスバティと関係があるということなのかな?

●Hari Suci Saraswati(サラスワティ)
Watugunung(第三十週)-saniscara(土)-umanis
インドを由来とする、学問の女神であるデウィ・サラスワティは、日本では弁財天として知られている。学問、芸能を司るデウィ・サラスワティにたいして、正しく清らかな知識が身につくように祈ります。この日は、本を読んだり勉強したりせず、家にあるロンタル(古文書)やクカウィン(カウイ語で書かれた詩)が書かれた書物をはじめとして、そのほか大切な本やノート、学校の教科書や辞書などが家寺に集められ、安置され、供物が捧げられる。学校は休校だが、生徒たちはバリの正装をして登校し、校内で行われるウパチャラ(儀式)に参加する。




[PR]
by Jewellotus | 2016-07-29 17:01 | Comments(0)

222

磁気の月4日    1風222



222=トニーシーラーの銀河の署名

13の月の暦ユーザーからFBリクエスト。
生年月日なし。シカゴ在住。
●●●●さん、他210人と友達になりました

今日から風のウェーブスペル。魔術の亀の日。銀河活性化の門。

というよりここ暫くテレクトノンをプレーしていませんでした。

今日、念願の三階のリビングのミニテーブル二つを横に並べて、その全面を使って専用のボードとカードを並べる場所を作った。
以前よりそれは作りたいと思っていた。

実質、今日が再開の日となっている。

このことが大きいと思います。

面白いページを発見
https://www.facebook.com/VideoValumVtanTheCallOfPacalVtanDrjseArguelles?ref=hl&hc_location=ufi


















[PR]
by Jewellotus | 2016-07-29 14:14 | Comments(0)

209,219

記憶では今日誰かがSNSでレオナルド・ダビンチのことを書いていたと夜に思い出したわけです。

レオナルド・ダビンチのことは外国人のFBユーザーが以前に書いていて強烈に覚えているひとつでもあった。

この外国人はダビンチの署名は177・ユリウス暦で導いて色々なシンクロを解き明かしていた。
結構、面白かった。
彼はユリウス暦を直さずにそのまま銀河の署名177を使ってました。(何でもあり?)
そのブログ
http://galacticspacebook.com/profiles/blogs/from-the-artificial-time-matrix-to-the-divine-matrix-part-4-blood

この場合は177だと強烈なシンクロがあったようです。(メモ)

面白いと思ったのは今日の投稿のダビンチ死没日がグレゴリオ暦だと219になるのに対しユリウス暦だと209になるということ。
これは去年209の日に219・の大波だったことを思い出させた。。。

やっぱり今年は強力に魔法時間の償還の年かもしれないと感じた次第です。

更に面白いのは外国人のブログが1竜1を起点にして書いているということ。
今日が1竜1PCUだということも面白い一致だと思った。

The third Blood Moon (Verse) of this Tetrad (Quatrain) took place on April 4th, 2015, (1.10) KIN 1 1DRAGON: Start of the 260-day Tzolkin count and first day of the Planetary Moon of Manifestation, and occurred precisely one 260-day Galactic Spin from July 18/2014 (13.22) KIN 1 1DRAGON, date when an amazing crop circle appeared in Germany with the Banner of Peace pattern and the 13.22 (date of its appearance) encoded in it.












[PR]
by Jewellotus | 2016-07-28 23:21 | Comments(0)
以前もご紹介しましたが
2016年中程に米国時間の法則団は13の月の暦・28日間のプログラムというものを発表しました。
割と最近のことです。

銀河意識へのご招待のための28日間のプログラム
http://lawoftime.org/wp-content/uploads/woocommerce_uploads/2016/02/Introduction-to-Galactic-Consciousness.pdf

それまではとりたてて、こういったプログラムなどなかったのです。
ただ、28日間はちょっと大変だし、それを10日間にしたいのです。
私が特にいいなと思ったドリームスペル創世記などを入れて10日間にしました。

簡略化は出来るかもしれないけれど、そうしたい人はすればいいのだし。

ドリームスペルのボックスの中には沢山のツールがあります。
勿論、これを全部できなくてもシンクロには気づけるでしょう。
でも、これなんだろう?やってみようと言ってプレイした人にはその恩恵はくるはずです。
勿論、恩恵を受けるためのプレーではないですけれどね。
だから
そうしたい人がすればいいんです。

いずれにしても銀河意識の招待のための28日間プログラムは放たれました。
これは良かったと思います・
今はガイドラインがあるのですから。。
日本では知らない人のほうが多いでしょうけど
それはそれでいいです。

























[PR]
by Jewellotus | 2016-07-28 17:37 | Comments(0)

10:10

時間の前に僕らは平等だ

というのはある方が集まりのある時に必ず言っている言葉で大好きな言葉です。

僕は長く暦に関わっているけれど、長い短いじゃないんだよね
といつもおっしゃっています。
心に響きます。

最近気になるセミナーがあったのでサイトを見たら凄い値段で登録制になっていて認定制度になっていました。
こういうの多いですよね。

13の月の暦は何の決まりもありません。
極論では結局好きにやっていいのです。」
10:10というのは十人十色ということです。

認定制度にしている人がいます

占いのようにしている人もいます(ホゼは占いにしてはいけないと言いました)

良い、悪いでなく兎に角それを取り締まるものはありません。

手帳に色がついているものもあれば紋章だけで色がついていない日記タイプのものもあります。
考え方もそれぞれで、テレクトノンなどのゲームボードは一切しない伝え手もいます。

それはその伝え手達の価値観の違いなだけです。だって決まりがないから。
色のついてない紋章の日記を好む人もいるでしょう。
日記タイプが好きな人もいるでしょう。

現状はその人達が一番いいと思っている価値観で伝えていると思います。
それはその人なりがその方法で一番響いたからだと思います。

私は13の月の暦は米国時間の法則団から始まりました。
ここには初心者にはわかりずらい事も書いていると思います。
ただ、時間の法則団は妥協せずに兎に角、その時に必要なことをただまっすぐに書いていると思います。
し、私はそのままここでそれを紹介してきました。

私のブログは13の月の暦がわかっている人にはこの上なく面白いし役に立つ場面も多いと思います
逆にいうと基礎知識がない人はわかりずらいかもしれない。

ただわかると面白いんです。それは絶対いえる。
私はこの面白みを伝えたい。
そしてそれは私の四次元の時間に多大な影響を与えたことは確かです。
RQのブログはある程度知識がなければ理解するのは難しいです

だから私のレクチャーではRQのブログまたは米国時間の法則団の記事が理解できるようになるように進行するつもりです。それには1回では無理ということです。

テレクトノンなどプレイングボードの存在を脇のおいている伝え手がいると聞いた時、最初は え?っと思ったけれど
それも結局 自由なわけです。だって
きまりがないから。

ただ、時間の法則団の記事は少なくともテレクトノンの概念がなければ理解は出来ません。
私はそういう伝え手になりたいのです。

そういうのが好みでない人はご自分にあったところをにいかれるでしょう。
ただ、続くかどうかはわかりません。

私はこの暦の究極の面白さや魔法を知ってしまったのでこれからも離れることはないでしょう。そしてそのヒントは99%時間の法則団の記事にありました。
それなしに今の私はないです。

結局、貴方がどうしたいのか
それだけだと思います。












































[PR]
by Jewellotus | 2016-07-28 11:11 | Comments(0)

13の暦に関する日々の気付きと記録。白い惑星の鏡kin218/白い水晶の魔法使い1kin194に由来します。(因みに私は白い魔法使い)


by Jewellotus