人気ブログランキング |

2015年 11月 30日 ( 1 )

昨日はチベット医学と占星術のセミナーに行きました。
最初は行かないと思ってました。
その前に法要があったからというのもありました。
しかし
昨日タシのプロフィールをもう一度見ようと思ったら開かない。。。

退社していたのです!

23日には見れてたから生年月日も確認出来たのに。。。
あの日あの時書き留めておかなかったら、タシの銀河の署名は確認出来なかったままになっていたことでしょう。
その間わずか6日間。きっとここのどこかで退社したのでしょう。

タシのサインは1黄色い太陽40)
一期一会
幸運の女神は逃すな!
でした。!(注意*これは私だけにあてはまる勝手な解釈です。)

それで
凄く頑張って当日参加しました。その途中新宿でみた看板も
一期一会
(ichigoホールディングスの宣伝でしたが。。。。。)
そして祈祷旗も阿弥陀如来。その日の法要もまさに阿弥陀如来。
それでやっぱり凄かった。素晴らしいチベット医学のギフトの数々。またいつかお話しします。日本では入手できない品も沢山物販されていました。

そして、今日は2006年2月7日1黄色い太陽40に起こった出来事をやっと書けます。

まず、
058.gif新しい太陽紀の宣言:8年間の人類のタイムシフト. <黄色い磁気の太陽>、磁気の月の2日、1992年7月27日は、惑星地球上の新しい太陽紀のはじまりをしるすものです。この日に同期しています。:Pan Japan libralyより引用

この日の記録を読むと、その日はオーラソーマのセミナーで研究家のHMさんも参加していたので話題が13暦一色だったことがわかります。
月のキーワードの私は自分の信じているように生きているか?はintegrityと関係があると。
更にそれは何かと尋ねると力を抜いて神のような状態なのだとHMさんは説明してくれました。

そしてその帰り電車の中で誰かの視線を後ろに感じました。
振り返ると西洋人の青年が微笑んでました。
彼はカナダ人で宣教師の二年の任務を終えて両親と最後の旅行をしていたところでした。

バッジにはChristinsenという彼の名前が。(数秘で
2006年2月7日も総計は
私の名前の総合計数は
銀河の月は
サイ時間は88

ここで言いたいのは宣教師は異性には声をかけてはいけないということ。
ミッション期間は終わっててもバッジつけてたわけですから。。。。
でも彼は彼のほうから話しかけてきた。。
”神さまが導いて下さいますよ。”
と言って電車を降りていきました。
それに彼のオーラ。恐ろしい位に澄み切ったかつて出会っていない白い光輝くオーラでした。

彼は正にintegurity,自分の信じているように生きているのでした。

まさに一期一会

そしてその夜私は夢をみました。
災いがすぐ目の前まで来て2時間後にはそれが起きるのに時間がなく避けれない、逃れられないという夢。
マルデクの記憶なのか地球の未来を暗示しているのか。。。。。。

宗派を超えて光の導管となって下さっている方々が今日も地球を歩いてくださっています。。

っという言葉でこの日の記録を〆ています。あまりに鮮烈なので記録が残っているわけですね。。。

ホゼの伝記のP121に”トニーによればパカルボタンは天使モロカイの背後にいる神秘的な霊感的な存在であり、その天使モロカイがジョセフ・スミスを22枚の金のプレートも導いたのでした。”
と書いてあります。

だから彼に会ったのかしらとも思ってみる。。。。


この日のオーラソーマのボトルは32番星の女神ソフィアでした。

”夜空に星が見えます。銀河を見るときそこに何があろうともそれは内側の反映にしかすぎないのです。外側にあるように私達一人一人の内側にも星をちりばめた夜があります。”っというのがボトルメッセージ。

奇しくも32番はマヤの過去世に関係のあるボトル。
その時も色々つながったけど、ツォルキンで見直すと色々な発見がありです。

有難う御座いました。




by Jewellotus | 2015-11-30 10:39 | Comments(0)

13の暦に関する日々の気付きと記録。白い惑星の鏡kin218/白い水晶の魔法使い1kin194に由来します。(因みに私は白い魔法使い)


by Jewellotus