人気ブログランキング |

2015年 11月 08日 ( 1 )

大変お世話になっていた英語講師デビッド青い宇宙の嵐kin39の突然の異動通知に動揺していたのか。。。。

1月30日から31日にかけてある夢を見ました。

教室の中でスピリチュアルレッスンが行われています。
教室は普通の学校の教室で講師は香咲弥須子さんのようでした。
隣の男子が話しかけてきます。多分私はその方を知っている。そして次にその生徒の後部座席の男子と話しをします。顔はマスクがかてって判別できません。そして机から何かが落っこちます。とっさに私がキャッチすると腕の中には聖母マリアの銅像が。。ふと前に目をやると先程の男子はもういなく、机の上にはマリア像があるのですが、後ろに傾いています。根元が折れているからです。それでは私のマリア像はどこ?とみると無いのです。私の前部座席の眼鏡の女性生徒に尋ねると、私が預かっておいたっと言って私のマリア像を渡してくれました。大きなマリア像でした。

この時は30日なのか、31日に見た夢かはわからなかったけれど、直観的に31日という感じがしていました。

そしてその夢がきっかけとなりG暦2月2日には実際教会に足を運ぶことになります。http://cathedral-sekiguchi.jp/cathedral/lourdes/
これも特に理由はなくただただ二日に行く流れとなっただけのことなのです。

そしてこれが思いもかけずシンクロに発展していくことになります。

G暦2月2日に普段は日本人しかいないこの大きな教会はフィリピン人で埋め尽くされていました。(教会始まって以来とスタッフがおっしゃていました)

★マニラから司祭が来日していたからでした。http://www.jescom.ph/2015/02/cardinal-tagle-visits-japan/

★高山右近の記念祭ということで来日していました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B1%B1%E5%8F%B3%E8%BF%91
カトリックでは功績が認められた人は死後何年かたつと聖人に昇格することがたびたびあるようです。

★司祭は三日間しか日本にいなくて2月2日のたった一日しか東京にはいなかったのです。そのたまたまたった一日の2月2日に私は何の考えもなくそこに出向いたのです・

★夢を見た日がG暦2015/1/31 白い電気の鏡kin198
高山右近の死没日はG暦1615/2/5 この日の神秘キンが白い鏡kin198

高山右近はキリスト教弾圧のあった時代に信仰のために財産も地位も捨てて信仰を選んだ為にフィリピンに流刑になった方です。

この教会では献金した人はおみくじがひけます。その日私のひいたおみくじは42-2でした。
聖書詩編42-2です。42:2 私のたましいは、神を、生ける神を求めて渇いています。いつ、私は行って、神の御前に出ましょうか。

神はいつも顕現されていてサインを出しておられる。それを読み取るかどうかは私達の自由意志に委ねられているのです。




by Jewellotus | 2015-11-08 09:36 | Comments(0)

13の暦に関する日々の気付きと記録。白い惑星の鏡kin218/白い水晶の魔法使い1kin194に由来します。(因みに私は白い魔法使い)


by Jewellotus