人気ブログランキング |

フナブク21

自己ぞんざいの月7日  10月49


昨日の易の一コマはアルクトゥールスプロープという本からの抜粋です。

今朝、とても素敵な記事を見つけました。
全体公開なのでシェアします。
こよみやさんのFBで、前回のシンクロノトロンのWSに関してです。

昨日は新しい試みとして、渡辺 妃出子さんとのコラボで「銀河ツールワークショップ」を開きました。
オーラソーマと13の月の暦両方に感心のある方と熱心な惑星キンが一堂に会し、熱く充実した一日になりました。

もちろん「13の月の暦」が全ての基本。
13の月の暦 手帳に今年から掲載している「フナブ・ク21」のワークは妃出子先生、...
私はシンクロノトロン(441)を担当しました。

「銀河の七方向への祈り」で場を開き、
テレクトノンで今日をメモることから始まった会。

シンクロノトロンを解説すると言っても、私の中ではここ2、3年封印していた銀河ツール。
思い出すのに一苦労して、前日頭の中ぐるぐるになりながら資料をまとめて臨みました。
シンクロノトロンのワークは、今日の日付から計算して441マスの中のポイントを約20カ所くらい見つけ、それらをつなぎ合わせ、脳を活性化させるというワーク。
これを継続するには結構な精神力と忍耐力と直感力が必要・・・(^_^;

それでも、2013年以降のヌースフィア(精神圏)の時代には、きっとすごい威力を発揮するツールです。
そんな予感がしていた人が昨日は日本全国から集まったんだと思います。

直観型、体験型のワークショップでしたので、頭の上に今日のマトリクスを置き瞑想しました。

そして私も楽しみにしていた妃出子先生のフナブ・ク21です。
これは手帳204、205ページの形に参加者全員でフォーモーションを組み、
それぞれの紋章のアーキタイプ(原型)を4つのチームになって探求しました。

結構複雑で難解に思える(私がそう難しく考えすぎていたのかな?)ツールも
みんな軽やかに楽しみながらワークしていたように感じられました。
3年前に比べ、時代は確実に進み、変化していることを実感。

シンクロノトロンは、みんなでワークを共有することで一緒に探求していく体験型のツールだと思います。
今後きっと増えていくだろう新たな仲間たちと、これからさらに銀河の知識を深めていければ嬉しいです。












by Jewellotus | 2016-10-24 06:32 | Comments(0)

13の暦に関する日々の気付きと記録。白い惑星の鏡kin218/白い水晶の魔法使い1kin194に由来します。(因みに私は白い魔法使い)


by Jewellotus