エレシウスの秘儀

月の月16日     2風2


蛇の巣のイニシェーションと聞いて真っ先に浮かぶのが『エレシウスの秘儀。』

古代ギリシャでは志願者の最終テストでもあった。
志願者は一粒の種を手に握りしめて、その後蛇の巣の地下に投げ込まれる。
期日までに生きてしかも手の中の種を発芽させることが出来たら合格。
まっ暗闇でどうして発芽??
それは
志願者は自分の内なる光を使って発芽させるから。
それが出来たら合格だった。

今回の出来事にはチベット仏教も感じた。
何故なら男性が、女性がのシャツを着ていたから。
男性は右腕、女性は左腕の数字をつけていた。
詳細は
チベット仏教、修行の設計図にある。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E5%AF%86%E6%95%99-%E4%BF%AE%E8%A1%8C%E3%81%AE%E8%A8%AD%E8%A8%88%E5%9B%B3-%E6%96%8E%E8%97%A4-%E4%BF%9D%E9%AB%98/dp/4393135113



[PR]
by Jewellotus | 2016-09-07 08:26 | Comments(0)

13の暦に関する日々の気付きと記録。白い惑星の鏡kin218/白い水晶の魔法使い1kin194に由来します。(因みに私は白い魔法使い)


by Jewellotus