四つ辻にたつヘカテ

水晶の月22日  ダリ    1夜183


昨日、高橋徹さんの何故マヤ暦は2012年12月に終わるのかという本を読み返していて丁度P55 に差し掛かった時丸に十字のシンボルが西洋魔術では”四つ辻に立つヘカテ”の象徴だという、文言に行き当たり再びつながったわけです。

最近やっとあの分厚いユングの『元型』を読み終わって、母という元型について思い廻らしておりました。
下記に本の写真を貼りますが、やはり月の女神ヘカテが関係しています。

大分前にオランダで購入した”Mother”という本を最近、読んでいます。
https://www.amazon.co.jp/Mother-Testament-Devotion-Adilakshmi-Olati/dp/3000002413/ref=sr_1_fkmr0_2?s=english-books&ie=UTF8&qid=1466411353&sr=1-2-fkmr0&keywords=mother+meera+avashakti
マザーミーラはインドのアバターラ(化身)と言われている存在です。
日本ではほとんど認知されていません。(アマチが毎年日本にきてます)

マザーミーラ
http://ameblo.jp/naturopatharisa/entry-11715693404.html

マザーの本の中で神が地上に顕現したのは二回だけ。

The paramatmn Light descended on January 2,1979  3赤い電気の月29

On April 12 1979 Mother tokd us of descent of the Paramatman Light in a differentm, solido foam 12赤い水晶の月129

ヘカテ、ユングの母の元型、マザーの本とここでもやはりつながって感慨深いのです。
月の女神
http://code19.exblog.jp/22832648/

下記はユングの元型の中の母の元型 ヘカテ月の女神






[PR]
by Jewellotus | 2016-06-20 17:30 | Comments(0)

13の暦に関する日々の気付きと記録。白い惑星の鏡kin218/白い水晶の魔法使い1kin194に由来します。(因みに私は白い魔法使い)


by Jewellotus